パラノイア【リブーテッド】

これが、いちばん新しいパラノイア。

パラノイア【リブーテッド】についてご存じない方は、まずは〔パラノイア入門〕をお読みください。

製品情報

パラノイア【リブーテッド】

発売日:冊子版2019年10月25日頃 / 電子書籍版2019年9月30日

発行形態:ボックスセット(書籍扱い)〔電子書籍版については後述〕

ペーパーバック3冊、カード114枚、ダイス、キャラクターシート一冊入り

価格:6000円+税

ライター:ジェィムス・ウォリス《JAMES WALLIS》、グラント・ハウイット《GRANT HOWITT》、ポール・ディーン《PAUL DEAN》

パラノイアの創始者:ダン・ゲルバー《DAN GELBER》、グレッグ・コスティキャン《GREG COSTIKYAN》、エリック・ゴールドバーグ《ERIC GOLDBERG》

翻訳:髙梨俊一、白河日和

ISBN:978-4-908124-44-0 C3476 ¥6000E


電子書籍版

■アルファコンプレックスガイド&プレイヤーズハンドブック PDF版

価格:1200円+税

(カード112枚分の画像データをまとめたzipファイルが同梱されています)

Gumroad -- https://gum.co/uqVeB

Booth -- https://newgamesorder.booth.pm/items/1587257

Google Books (試読・検索のみ)


■ゲームマスターズハンドブック PDF版

価格:1200円+税

Gumroad -- https://gum.co/CIAMv

Booth -- https://newgamesorder.booth.pm/items/1587249

Google Books (試読・検索のみ)


※【リブーテッド】ボックスセット付属のミッションブックについては、電子書籍版の発売予定はありません。

サプリメント・ミッションブック類

ミッションブック『信じがたい指令』

ようこそ、無謬のゲームマスター。『信じがたい指令』は三部構成のパラノイア【リブーテッド】用ミッションブックです。

ザ・コンピューターの慈悲深いまなざしと、まばゆいばかりの業務目標割当、そして目標未達に対する処刑の脅しによって、アルファコンプレックスはとどまることのない進歩の行進を続けています。このような状況では、たとえ両脚が折れても進歩の行進は続きます。進歩は時として道を踏み外し、つまずき、歴史の回廊に倒れ込みます。そこにまた別の進歩が後から行進してくるので、衝突が発生し、あたりは血みどろの塊になります。進歩万歳!

進歩に伴って不可避的に発生する、あらゆる若干の問題。そして衝突。これこそ、ゲームマスターたるあなたが血みどろの塊、じゃなかった、トラブルシューター達に押しつけるべきものなのです。このミッションブックに、その全てが詰まっています。アルファコンプレックス! これぞ汝がための我が歌なり! 聳え立つ錯綜した物語の回廊に汝を待つ珍奇な喜びと驚異はいかなるものや?


書名:パラノイア/信じがたい指令

ライター:ガレス・ハンラハン

翻訳:髙梨俊一、白河日和

2020年9月2日発売

冊子版 (2000円+税) https://ngoeshop.thebase.in/categories/2010674

電子書籍版 (1200円+税) https://booth.pm/ja/items/2342088

ミッションブック『イエロークリアランス・ブラックボックス・ブルーズ・リミックス』

2021年12月下旬発売予定

トラブルシューターの歴史の中で最も名高いミッションのひとつが、新世代のクローンの人生を向上させるために帰ってきました。トラブルシューターはもう一度、とらえがたいブラックボックスを追跡し、アウトドアを探索し、アルファコンプレックスに平和と安全をもたらすことができるのです。

この冒険がどんなものなのかを、前もってあなたに伝えることは困難です(混乱し絶望した多くの人々が謎のブラックボックスをめぐって互いに殺し合うことを除けばですが)。しかし、それに何が含まれているかをあなたに伝えることはできます(それとは本書のことです。ミッションでキャラクターが抱えている箱、つまりブラックボックスのことではありません)。下記のトラックリストをご覧ください。

1985 年刊行のオリジナル版においてミッションデザインを務めたジョン・M・フォードはゲームデザイナーにして小説家・詩人。1984年には小説「The Dragon Waiting」で世界幻想文学大賞(World Fantasy Award)長編部門を受賞、1989年にも、散文詩「Winter Solstice, Camelot Station」で同賞の短編部門を受賞。また、1993年には小説「Growing Up Weightless」でフィリップ・K・ディック賞を受賞しています。ゲームデザイナーとしては、本作で Origins Award の RPG サプリメント部門を受賞しており、それ以降も、1991 年に「GURPS Time Travel」、逝去する前年の2005年に「GURPS Infinite Worlds 4th ed.」で、同賞の同部門を受賞しています。


◇四幕物キャンペーン・ミッション◇

トラックリスト

  • ライナーノーツ

  • 序曲

  • トラック1:死ぬまで踊れ

  • トラック2:R&Dのミュータント

  • トラック3:誰も生きては出られない

  • トラック4:何で道路でしないんだい?

  • ボーナストラック1:NPCおよびボット一覧

  • ボーナストラック2:作成済キャラクター

  • ボーナストラック3:英語版カード内容一覧


書名:パラノイア/イエロークリアランス・ブラックボックス・ブルーズ・リミックス

オリジナル版ライター:ジョン・M・フォード

リブーテッド用翻案:M・J・ドハティ、マシュー・スプラング

翻訳:髙梨俊一、白河日和


冊子版

A5判ペーパーバック 本文200頁

ISBN: 978-4-908124-59-4 C0076

税込予価(希望小売価格)3960円


電子書籍版

発行形態:PDF

ISBN: 978-4-908124-58-7 C0876

税込予価(希望小売価格)2200円



ご挨拶

初版のパラノイアは、そうですね、冷戦の偏執病《パラノイア》に関する作品だったと言えるでしょう。今日、我々はそのようなものに対する偏執病《パラノイア》を抱える必要は全くありません。国家安全保障局(米NSA)や政府通信本部(英GCHQ)が精力的に働いて、我々の安全を、遍在するコミーでミュータントな反ぎゃ……じゃなかった、邪悪で錯乱したテロリストの脅威から護っているのですから。

遵法的な市民である限り何の心配事も無いのだと、良き市民ならば誰でも知っています。悪事を働く者どもだけが捕らえられるのです。裁判無しで。水責め拷問付きで。それから強制摂食も有りで(※)。

(※グアンタナモ米軍基地内の収容キャンプでは、ハンガーストライキ実施者に対する強制摂食が行われていたことが知られています)

ご安心を、反逆者スノーデンが世界における求められてもいないパラノイアを不必要に喚起したことの当然の報いを受けるよう、現実世界のトラブルシューター達はここに書かれた言葉すら精査するほどたゆまずに働いているのです。

完全な監視の実現はほとんど目前です。幾千幾万のカメラが既に世界中の都市に設置され、全市民の活動を絶え間なくモニターし、犯罪者どもから我々の安全が護られることを保障しています。ハードAIの出現は既にこの地平線上に見えるところまで迫っており、その創造は全人類にとって避けがたい恩恵をもたらすでしょう。ザ・コンピューターの登場はもうすぐです。ユートピアが隣の地平線で待っていますよ!

パラノイアで予想されたことを実現しようと、現実世界が駆け寄ってきているわけです。

パラノイアは破壊的かつ反逆的です。パラノイアはユーモアを小狡く使って、権威が常に正しいとは限らず、権威への盲従には疑問があるという非共同体的(※)な観念を刷り込み、反逆的思考を誘発しているのです。そのような疑問は問われるべきではないものです!

(※Un-mutual. 「プリズナーNo.6」に登場した言葉。この言葉を使って、「村」の人々が主人公のことを非難します)

いますぐ参加してください。あなたのクローンはあなたに感謝するでしょう。そしてお忘れ無きよう……

気を抜くな! 誰も信じるな! 未検証プロトタイプ武器を手放すな!

パラノイアはRPGの「巨人」のひとつに数えられる作品で、そこでは過去30年にわたり、プレイヤー達が爆発し、蒸発し、その他何であれ処刑され続けてきました。パラノイアは、大人の/洗練された/悪擦れした/ブラックユーモア的なテーマをロールプレイングゲームに持ち込むことが可能であると証明し、1984年のベストロールプレイングゲーム賞(※オリジンズ・H.G.ウェルズ賞の一部門)に輝きました。現在ではオリジンズ賞の殿堂入り作品となっており、これはRPGでは10作品ほどしか受けていない栄誉です。

そして今、リブートの時間がやってきたのです。

全てが新しい、リブートされたパラノイアのボックスセットは、ほとんど箱を開けた瞬間から遊べるようにデザインされています。合理化されたメカニクスといっぱいのコンポーネント、それはつまりコンピューターダイスや、装備に突然変異にその他諸々をあらわすための高品質なカードといったものですが、そういったものを通じた狂騒的なゲームプレイをご提供します。

今回のパラノイアでは、徹底して現代的なロールプレイング体験をご提案します。みなさんはこれまでよりもさらに早く、ゲームに入り込めるようになるでしょう。

  • カードを用いて合理化されたシンプルなルール。これによって、アクション(とサバイバル)に集中しながら最大出力の修羅場を楽しめます。

  • アルファコンプレックスへの21世紀的アプローチ。テロリストは今や、最大の脅威というしかるべき地位につきましたが、しかしコミーも依然として影に潜んでいます。そしてザ・コンピューターの慈悲深い監視能力は全方位に網羅的になっています。「一九八四年」で思い描かれたように(1984年というのはパラノイアの初版の発売年でもあります)。

  • メインデザイナーはジェイムス・ウォリス。「Baron Munchausen」の著者、「ワンス・アポン・ア・タイム」の共作者でもあり、ストーリーテリングゲームのジャンルにおける最も著名なデザイナーです(ザ・コンピューターがそう言っているのですよ)。加えて原著者であるエリック・ゴールドバーグとグレッグ・コスティキャン、そして紫クリアランスのもうすぐハイプログラマーなグラント・ハウイットとポール・ディーンが参加しています。

  • 最小の労力で最大の楽しさを。単純化されたゲームシステムとカードにより、ものの10分か15分もあれば、パラノイアに入り込めるようになっています。

世界的ゲームデザイナーであるJames Wallisと手下《ミニオン》たちがデベロップした新パラノイアは、フルカラーの冊子とすてきなものが詰まった、豪奢なボックスセットの形で登場します。

  • まったく新しいプレイヤーズハンドブック。プレイヤーが知るべきでないようなルールを切り離した、レッドクリアランス用のルールだけで構成されています。(※日本語版では、プレイヤーズハンドブックに、英語版では別売またはKickstarter特典だった「アルファコンプレックスガイド」の頁が追加されます)

  • ゲームマスターズハンドブック。パラノイアを成功裏に運用するために必要な、悪魔的なトリックと罠と普遍的悪意の全てが含まれます。

  • ミッションブック。アルファコンプレックスでトラブルシューター生活をスタートするために新しく書き下ろされた3本のミッション(※と旧作の短編を書き直したもの1つ)が入っています。

  • 112枚のフルカラーのカード。キャラクター作成とミュータントパワーから戦闘に最新のR&D装備まで、プレイに必要な全てのものをカバーしています。

  • スペシャルなコンピューターダイス。妙な方向に転がってしまったことを意味する「コンピューターの目」を含んだ6面のサイコロです。

  • ※キャラクターシート一冊(日本語版のみ。英語版ではホワイトボード的に使えるよう加工されたキャラクターボード6枚とペンが入っていました)

Paranoia Rebooted Kickstarterサイトより翻訳。段落の順番は入れ替えているところがあります。

著作権等

PARANOIAⓇ & Copyright © 1984, 2016, 2019 by Eric Goldberg & Greg Costikyan. PARANOIA is a registered trademark of Eric Goldberg and Greg Costikyan. All Rights Reserved. New Games Order, LLC, Authorized User.

Original English Edition is published by Mongoose Publishing, Ltd. Based on material published in previous editions of PARANOIA.

PARANOIAはEric Goldberg とGreg Costikyan の登録商標です(国際登録番号1372803)。